ブルーオーシャンの領域で戦うには日頃から考える習慣を身につけよう

レッドオーシャン

レッドオーシャンとブルーオーシャン

レッドオーシャンとブルーオーシャンというマーケティング戦略の言葉が有ります。 レッドオーシャンは、赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域。 それに対してブルーオーシャンは、青い海、競争相手の少ない領域です。

牛丼チェーンはレッドオーシャン

レッドオーシャンの言葉で記憶に有るのは、大手の牛丼チェーンの価格競争です。 牛丼価格が一杯250 円まで一時的に値下がりしたのを記憶しています。 まさにドロドロの血の海の中で出口の見えない熾烈な戦いが繰り広げられました。 私には一杯250 円の牛丼でどのように利益を出すのか全く想像もつきません。 また赤字販売だとしたら、どうしてそこまでして戦うのかその意味もわかりません。 わかる必要もないと思っています。

なぜブルーオーシャンの領域に舵を切れないのか?

どうして、商品の差別化をしてブルーオーシャンの領域に舵を切れないのか? 私の経営コンサルタントはあくまでも中小企業向けで、大企業には通用しないかもしれませんが、『ブランド』という根本的な考え方は共通する部分が多いと考えます。

牛丼戦争の問題点を分析し、解決する提案を用意

ゆえに これらの牛丼戦争の問題点を分析し、それを解決する提案をすでにいくつか用意しています。 もっとも私の所にはコンサルティングの依頼はきっと来ないでしょうからそれらの案は役には立たないでしょうが、日頃から考える事が大切だと思っていますので、関係ないと思っても、試験問題を出されたつもりで、回答を考えます。

牛丼戦争の問題点は『勝手な思い込み』

ちなみにこの牛丼戦争の一部の問題点だけ触れさせてもらいますと、販売ターゲットの多くは20 代から60 代の男性だと思うのですが、その人たちの多くが“栄養映バランスもあまり考えずに、なるべく安い値段で 一食が済めばいいや”と考えているのではないかと企業側の勝手な思い込みによると考えます。 もちろん大手企業は、それなりに市場の調査等を行ってきた結果でしょうが、この殻を破って思考しないと解決策を見つける事ができないのです。

ブランド化とブルーオーシャンで戦おう

みなさんは常に頭を柔らかくして 商品の『ブランド化』をして 、どうしたらブルーオーシャンの領域で戦えるのかを考えて下さい。 日頃から考える習慣を身につければ きっと見つかるはずです。 スポンサーサイト: 低速回転 ジューサー ミキサー 最新式 スロージューサー スポンサーサイト: ガン 放射線治療 癌治療 ヒメマツタケ  抗がん剤投与
スポンサーサイト: コレステロール低下 サンスター トクホ 高血圧
スポンサーサイト: 水素水 入浴剤 温泉気分 冷え性改善 塩化マグネシウム 保温効果 温泉成分