しっかり価値を伝えれば大手メーカーにも肩を並べられる

しっかり肩を並べれば大手メーカーにも肩を並べられる
しっかり肩を並べれば大手メーカーにも肩を並べられる

あなたは、ツインバード、シロカ、ビタントニオ、デロンギという『ブランド』をご存知でしょうか?

実は私もこの本を書くにあたって、色々調べ事をしていいるうちにごく最近にたまたま知る事ができた『ブランド』です。

『ブランド』なのか“メーカー”(会社名)なのかそこまでよく調べませんでしたが、ネットで “売れ筋” “お勧め” “トースター” のキーワードで検索した結果で出てきた『ブランド』です。

“家電のプロがお勧めする人気オーブントースター”のランキングでシャープ、日立、象印と肩を並べるように一般的にはあまり知られていないブランド名がランクインしていました。

大手メーカーに負けない『ブランド商品』になるまでは大変な努力が有ったと思いますが、大手が費やしてきた時間や、設備投資にかけたお金が同じくらいかかったとは思えません。

いわゆる隙間産業的な発想で独自の『ブランド』を築き上げたと思います。

コンセプトからこだわりまで徹底的に伝える

せっかく創り上げた『ブランド』もその機能性や大手のトースターと何が違うのか、そのコンセプトからこだわりまで徹底的に伝えなければ今日のランクインは無かったはずなのです。

先に上げた4 社のどのホームページを見ても、ホームページ制作のプロである弊社も見習いたいくらいの素晴らしい内容のホームページです。

熱い想いを伝える工夫や物語性など力強く伝わってきました。

自社ブランドを熱く、力強く、発信する!

さあ、あなたも『自社ブランド』を熱く、力強く “発信” し見込み客に ”伝え” ましょう!

そうすれば必ず良い結果が出るのです!

関連記事