得意なものを『ブランド化』しよう

弊社の運営するの主たる事業の中で、自動車用品販売があります。(こちら↓)

DIプランニング http://www.di-planning.com/

足元の汚れ防 止に使うフロアマットや雨除けのドアバイザー等が主力商品です。

その他に自動車用装飾のアクセサリーパーツも得意としていますが、その中に ステンレス製のピラー(窓柱)という商品が有ります。(それがこちら↓です)

DIプランニングのブランド化が成功したステンレスピラー
DIプランニングはステンレスピラーのブランド化に成功した

弊社の他にも十数社がインターネット上で類似品を販売していましたが、表面のステンレスの材質や仕様ではなかなか差別化が難しく、どこかを改良して『ブランド化』したいと考えていました。

そのタイミングであるクレームが発生しました。

お客様より商品を装着したら間もなく剥がれ落ちてしまったとの事でした。
お客様の貼り付け方にも問題があったようですが、裏面の両面テープ事態にも問題があったのです。

当時の商品の裏面の両面テープは裏面全体に一枚のシート状で施工されていました。
この商品は、ステンレスを表側から金型で抜くので裏面のフチが若干高くなり両面テープが付き辛い状態だったのです。

それでも、よくあるクレームではないので、改良すると 仕入れ価格の上昇につながるので 放っておく選択種もあったのですが、販売価格を10%以上値上げする結果にはなりましたが、裏面のフチ部分だけ後工程で強力な両面テープを施工しました。

その事を商品ページにおいて事細かく説明し差別化した結果、この商品は以前の5 割増しの売り上げにつながったのです。(実際の説明がこちらです↓)

この事例も あなたの会社やお店で実践できるのではないでしょうか、当たり前の様ですが、お客様は購入価格よりも、安心安全を望んでいるので、たとえ値上げになっても『ブランド化』してみましょう。

スポンサーサイト: スマホカバー スマホホルダー バイク用 自動車 スマートフォンホルダー

スポンサーサイト:

関連記事

One Thought to “得意なものを『ブランド化』しよう”

  1. […] 得意なものを『ブランド化』しよう […]

Comments are closed.