仮説と検証の繰り返し

仮説検証の繰り返し
仮説検証の繰り返し

商品の『ブランド化』を進めるにあたり、しなければならない ある法則が有ります。

それは“仮説”と“検証”です。

ブランド化には地道な仮説と検証が不可欠

既存の商品のデザインや仕様の変更による『ブランド造り』又は新商品開発による『ブランド創出』は地道な仮説とその検証が不可欠です。

別名トライ&エラーとも呼びますが、試みてトライしない限りエラーも生まれません。

本来ならエラー無しで成功すれば、そちらの方が良いのですが、商売の成功と失敗は、この仮説を立て、トライする数と言っても過言でないでしょう。

引退されたセブン&アイホールディングスの元会長の鈴木敏文氏は口を開けば “仮説”と“検証”という言葉がでてくる事で有名でした。

また元会長は“お客様の為に考える”のではなく“お客様の立場で考える”という事も強調され ていました。

前回の記事( https://kizuna-33.com/blog/594/ )では弊社のたまたま成功した『ブランド化』の例を取り上げましたが、1 つの成功事例の陰には10 個の失敗またはそれ以上の失敗が有るのです。

成功している会社やお店は、他社より多くの仮説をお客様の立場で考えてトライしお客様の立場で検証しているのです。

するとやがて差別化できる商品が誕生するのです。

商品に限らずサービスも同じです。

弊社のホームページを制作するスタッフにもいろいろな仮説を立て検証する事(ABテスト)は重要項目 として実践する様に日頃から指導しています。

あなたも失敗を恐れずに、仮説と検証を繰り返してみて下さい。

スポンサーサイト: 低速回転 ジューサー ミキサー 最新式 スロージューサー

スポンサーサイト: ガン 放射線治療 癌治療 ヒメマツタケ  抗がん剤投与

スポンサーサイト: コレステロール低下 サンスター トクホ 高血圧

スポンサーサイト: 水素水 入浴剤 温泉気分 冷え性改善 塩化マグネシウム 保温効果 温泉成分

 

関連記事